膀胱炎は女性に多い

膀胱炎は女性に多い

女性が頻尿になる原因の一番とされているのが膀胱炎なのです。膀胱炎とは、膀胱の粘膜が最近によって炎症を起こしている状態のことです。

 

膀胱炎に女性がかかりやすい理由としては、男性と比べて尿道の長さが女性のほうが短くて、肛門のあたりに大腸菌が尿道に入りやすいからなのです。尿道の長さというのは、男性で20cn〜25cm程度ですが、女性は、4cm〜5cm程度しかないのです、膀胱炎になると頻尿になってしまうのです。その他、排尿時の痛みや残尿を感じることもあるのです。

 

膀胱炎を防ぐためには、なるべく大腸菌が増えないよう、便秘にならないようにすることや、排便時に前から後ろに拭くようにして大腸菌が尿道側に行かないよう注意することが必要です。

 

生理中は、体の免疫力が低くなるので、体を温めて横にゆっくりなるようにしましょう。生理中は、生理用品などで蒸れることで、尿道口が不潔になることもあります。それによって軽い尿道炎や膀胱炎になる女性も少なくないのです。

 

もしも、膀胱炎になったら、重症にならないように早めに病院にいきましょう。抗生物質の投与をしてもらい、安静にして、水分を多く摂取するなどの対応をするだけでもすぐに完治してしまうのです。

 

泌尿器科に行くのが面倒で、または恥ずかしいからとそのままにしておくと、腎盂腎炎を併発する可能性もあるのです。腎臓や腎盂に菌が入り込むことによって炎症となる病気でひどい腰痛や高熱がとなってしまうのです。また、慢性の膀胱炎となると、症状が癖になることで治らないまま、何度も何度も病気になってしまう状態に陥ってしまうのです。