更年期による頻尿

更年期による頻尿

更年期となった女性で、尿が出にくい、頻尿、残尿感があるといった症状の人は、女性ホルモンであるエストロゲンが足りないことによって、尿道や膣が萎縮することによって狭くなり、尿が出にくくなって頻尿になってしまうことがあるのです。

 

女性は、閉経によって、次第にエストロゲンが減少し、いろいろな体の部分に変化が現れるのです。例えを上げると、粘膜や皮膚が潤いをなくして、しわが出来てしまうと同様に、尿道や膣も潤いをなくして、次第に尿道が狭くなってしまうのです。

 

このようにして尿の通る道が狭まると、膀胱にたまった尿が勢いよく出なくなってしまい、チョロチョロとしか出なくなったりするのです。そしてひどくなると、非常に尿道が狭くなり、尿が出るまでに時間がかかることや、力を入れてもほんの少し程度しか出なくなってしまうのです。

 

しかし、それでも膀胱には、尿がたまっている状態であるため、お腹の重さ感じることや、残尿感に悩まされるようになってしまうのです。

 

また、子宮の支えとなっている組織が緩んでしまい、下へと子宮が下がってくることや、子宮が膣の外へと飛び出す子宮脱となってしまい、尿道が圧迫され出にくくなってしまうこともあるのです。

 

その他にも、子宮じゃなく膀胱が下がるという膀胱瘤といわれる膀胱が膣壁に大きく沿って落ち込むことで、その一部分が股間にでる状態になり尿が出にくくなることもあるのです。

 

尿道が膣や女性ホルモンの不足によって狭くなっている時には、尿道を広げるわけでなく、女性ホルモンを補充していく治療方法で症状を改善できることもあるのです。

 

また、膀胱瘤や子宮脱の場合は、外科的治療法や器具などを用いる治療法によって頻尿の症状を改善できるようになるのです。