残尿感が増えることで起こる頻尿とは?

残尿感が増えることで起こる頻尿とは?

スムーズに尿が出ない状態が続き、膀胱から尿が出し切れない、いわば残尿がたまっていることで、トイレが近くなってしまうタイプの頻尿があるのです。

 

この頻尿の原因になってしまう病気としては、前立腺がん・前立腺肥大症・尿道が狭くなる尿道狭窄という尿道の通りが悪くなるものが代表的になります。

 

トイレに行っても、膀胱には、常に尿がたまっている状態であるため、またすぐにトイレに行きたくなるし、常に残尿感が付きまとうために、仕事をしていても集中が出来なくなってしまうのです。

 

その他に、子宮摘出手術を受けた後や脊椎をケガした後遺症、糖尿病などのため膀胱の神経麻酔が起こった際にも残尿によって頻尿が引き起こされるのです。

 

頻尿対策にはノコギリヤシが一番です。ノコギリヤシサプリなら小林製薬のノコギリヤシEXをおすすめします。

 

どんな場合であっても、普通の人よりも膀胱の容量が小さいわけではないのですが、尿が出にくいため残尿量が増えてしまうことになるのです。

 

このようなタイプの頻尿では、排尿の際に力を入れることやチョロチョロとした尿しか出ないことや尿の道が細いなどの排出困難の症状を伴ってしまうことが多いのです。

 

原因となる病気が進むことによって、さらに排尿が困難になってしまうと尿漏れが起こることもあります。気をつけなくてはならないのが、腎不全によって腎臓機能が停止することによって、急性では短期間で腎臓機能が急激に下がって、無尿・乏尿などの症状を引き起こしてしまうのです。慢性となる腎不全というのは、長時間をかけ発症するのです。

 

こうなってくると緊急措置の必要があるのです。残尿が増えているかを診断するためには、カーテル挿入・超音波での検診などを行ってから、治療方法を決めていくのです。